ミザ-ル 新人日記

天体を中心にいつになっても新人君! のメモ的ブログ

パキスタン・カラコルムにて撮影

ミザ-ル創立65周年記念誌 騒動記 8

45年前業界初の屈折・反射望遠鏡である「CX-150」が登場した。これの開発設計時「 冨田 弘一郎 」先生(元東京天文台) の助言なくしては陽の目を見なかったかもしれない程、開発にも参加いただいた。当時「天文ガイド」誌に連載された「天体望遠鏡をテストする」を執筆されており、どちらかというと「辛口」文章で、メ-カ-泣かせで製品の欠点を指摘、メ-カ-としては一喜一憂であり天文マニア側目線であり当時の天体望遠鏡機種選びに大いに活用された。 天文台退官なされてからもお住まいが近いせいか、当社を訪れていただいた。お亡くなりになった「通夜」時猛烈な雨であったことを今でも思いだす。(ミザ-ル瞑想にふけるG)・CX-150詳しくは「65周年記念誌」をご覧ください。

 【ミザ-ル公式】 創立65周年記念誌 - YouTube

f:id:susumu91:20190508091543j:plain

騒動記  1,3,5,7は

 

ミザ-ル創立65周年記念誌 騒動記 6

カイザ-のよくある質問として、ウォ-ム軸径はφ6mm、ウォ-ムホイル歯(ギャ-)数は180枚(歯)です。 またバランス軸径はφ18mm(代換ウエイト3Kg在庫あり)です。 鏡筒径はφ90mm詳しくは「 創立65周年記念誌 」!

    【ミザ-ル公式】 創立65周年記念 CM - YouTube

 f:id:susumu91:20190505102326j:plain

 騒動記 1,3,6は

ミザ-ル創立65周年記念誌 騒動記 4

「H-100 型」の当時のスペックは■ドイツ式赤道儀経緯台赤経赤緯目盛環付■高級放物面主鏡■大型高級ファインダ-■星野写真用カメラ取付装置■ヘリコイド焦点調整装置■その他微動装置等・天体望遠鏡のベストセラ- 云々と記載されており当時の天文少年には「あこがれの望遠鏡」といっても過言はないし、この望遠鏡に出会って天文に興味を持ち有名な天文学者氏になったりした方も多くいらっしゃると聞く、まさに人生を変えた「天体望遠鏡の中の望遠鏡」なのである。詳しくは 創立65周年記念誌 」!

【ミザ-ル公式】 創立65周年記念 CM - YouTube

  f:id:susumu91:20190427092931j:plain 

騒動記 1、3 は

 

ミザ-ル創立65周年記念誌 騒動記 2

そもそも「 創立65周年記念誌 」を作ってみてはという話しは2016年頃かと思う。2017年(来年)は65周年だから「社史」でも作ってはという!ご意見がありそうだな考えてみるよ!と曖昧な回答で済ましていたが、ある日「ミザ-ル(日野金属産業)」を入念に調査している人に話しをすると、数日あいたころ彼が「社史」らしい原案をもってきた!内容は素晴らしく、そのとき本来「社史」なるものは自社内で作成するものなのだが、今回社外者である彼にお願いするのが、意外面白いと思い打診すると「心よく引き受けます」!それからは当社にあるあらゆる資料を彼に託した。

【ミザ-ル公式】 創立65周年記念 CM - YouTube

f:id:susumu91:20190410092854j:plain

  騒動記 1 は

望遠鏡開発物語ってなに!

 


たまにはまじめなことでも書こうと思ったが、そうなると「ネタ」が浮かばない。才能のない新人としてはここで悩まず、最近アップした望遠鏡の開発物語(スト-リー)を紹介しよう。 望遠鏡はTL-750である。 このクラスでチョット異質なタ-レット式接眼部 などなど、あまり盛ることない物語です。

 f:id:susumu91:20140727101638j:plain :群馬天文台にて

望遠鏡開発物語

SATOYAMA & SATOUMI へ行こう2019

f:id:susumu91:20190410100445j:plain

幕張メッセにて開催された「SATOYAMA & SATOUMI へ行こう2019」に今回も双眼鏡のブースにて
参加をさせて頂きました。
足を運んで頂いた皆様、誠にありがとうございました!!

(ミザ-ルテック出展:幕張メッセ国際展示場2・3ホ-ル・28 )

 

satoyamamovement.com

 

 

 

 

やっぱり、アナログだな!

先日、近所のお宅前に「ご自由に!」と見てみると、DCアダプタ-等にまざって古いテスタ-が置いてあった。これ「いいと!」まあテスタ-だから壊れていないだようと思い頂戴する。  壊れているかどうかは別にしてテスタ-はアナログに限る。 極性(+・-)を間違えたとき、針が「0」以下になりぶるぶる、振るえるいかにも「これ間違っている」といっているようだし、また針が振り切れると、 「上げ過ぎ」だよと言っているように思うのは私だけなのであろうか!

f:id:susumu91:20190328085953j:plain

 「 置いてあった。 」でひとつ思いだすことがある、相当昔、出社時、会社玄関前に「ミザ-ル」望遠鏡が置いてあった。 それも古い! 当社員ではなさそうだ! 多分 処分に困った、ご購入様が置いて行かれたようだ。 たまにお電話で処分についてお問合せいただくことがある。「長く愛用していたので粗大ごみ廃棄では可哀そうだ」がほとんどである。)

 

TL-750望遠鏡を観る!

TL-750望遠鏡の設計段階でアイピ-ス(接眼鏡)、天頂プリズム(ミラ-)を最初から内蔵?しておけば、使い勝手も初心者向きと考えた。しかし天頂プリズム(ミラ-)を内蔵して、使用・不使用の切換えは数か月思考錯誤したものの不可能となり、最初から(天頂)ミラ-を内蔵させることにした。もちろん結像が左右反転になることを考慮しての結論であったがやはり異論があり、ピント遊動範囲を再調整して地上接眼鏡(T-18)を付属することになった。これでいいだろうと思ったが既存アイピ-ス構成では高倍率ではないと第三者から指摘され、結像に影響ない2☓バ-ロ-レンズを内蔵しながら、まさにその「すきま?」間隙をぬってム-ングラスを収めることに成功し、プロジェクトメンバ-3名が始動、立ち上てから「 2年半 」をかけ製品化された。

f:id:susumu91:20190321100752j:plain

 TL-750 製品仕様!

                

MIZAR 工場日記

もう春です!(ミクロの世界も小さな宇宙!)

近所の公園に胡蝶蘭の花が落ちていたので「回収!」当社顕微鏡とスマホホルダ-(SF-40)にて撮影、100倍でも相当な強拡大である。顕微鏡での撮影は「照明」をいかに上手く使い、立体的に見えるように撮影が「コツ」かな?

f:id:susumu91:20190320140458j:plain f:id:susumu91:20190320112900j:plain f:id:susumu91:20190320112848j:plain f:id:susumu91:20190320140528j:plain     

TL-750望遠鏡を観る!

TL-750望遠鏡もおかげさまで発売初めて5年になる。 今でも斬新なデザイン。かわることのない「性能」といいたいが、いろいろ見えないところで苦労がある。 詳しいことは別にして、TL-750にはいくつかのミラ-が内蔵され、いつも見やすい姿勢で観測・観望できるために「ミラ-」の精度、仕様、調整を要している。ただ単純に組立てしているだけではない。 一見あれ!

f:id:susumu91:20190315153039j:plain 

f:id:susumu91:20190315154125j:plain                 f:id:susumu91:20190315155445j:plain

MIZAR 工場日記

天体を中心にいつになってもミザ-ル新人君のメモ的ブログ

新人日記  new version    工場日記  new version

新人日記 ・ 工場日記 new version おまたせしました!